飲水は安全で美味しく摂取

海外は、衛生環境が悪いということもあり、飲水の安全性が確保されているとは言えません。日本国内では、今でも一部井戸水などもありますが、上下水道が整備されており、河川から得た水を浄水場で殺菌処理をすることにより、水道水には、一定の安全性が確保されています。しかし、飲水としては決して良質だとは言えません。殺菌処理で利用する塩素によりカルキ臭という独特の臭みがあり、地域によっては、水道水のままでは飲むことができないこともあります。国内と言えども、地方により河川の水質が異なりますので、水道水でも十分、仮に安全性をより求める人ならば、浄水器を購入すれば、臭みのない美味しい飲水を確保することもできます。良く海外旅行や出張などに行く際には、絶対に現地の水を飲んではいけないと言われています。国内の水道水のように安全性が確保できていないからです。人間の身体の8割は水分から成り立っています。もし、飲水に安全性が保たれていなければ、自ずと健康を害することになります。美味しい水を確保する手段としては、お近くのスーパーなどでペットボトルの天然水を購入する手段もありますが、水は重いので、持ち運びが大変です。そんな際にはウォーターサーバーを利用されるとよろしいです。

↑PAGE TOP